pikaの雑記

とある学習院大生のブログ

車の免許取りました

僕は8月5日に教習所に入った。

そしてついに今日(9月3日)、僕は車の免許を取得することができた。

取得するまでに要したのは、1か月弱といったところだろうか。

 

f:id:pika0428:20180903235431p:plain

…というわけで、現在22歳にしてようやく自動車運転免許を取得したわけだが、

  • 何故今まで免許を取らなかったのか
  • むしろ何故今取ろうと思ったのか
主にこの2点についてここで述べていこうと思う。
 
 

 

まず1つ目。今まで免許を取らずにいた理由であるが。それは自分の引きこもりであったという境遇や、そのまま受験勉強に突入したという流れから明らかかもしれないが、浪人中に、「教習所に通いで車の免許くらい取りに行ってもいいのではないか?」と言われたことはある。

実際、浪人中に僕は勉強ばかりしていたわけではない。実は滅茶苦茶ネットゲームばかりしていたのだ。人間の屑である。(まあ大学受かったから別にいいと思っているが。)

 

 

今考えれば、ネットゲームなんかしてないで勉強の合間に免許を取得しに行ったほうが、よほど効率的な人生だったかもしれない。

だが、当時僕は極めて低能で、車の免許を持つことの重要性に気づいていなかった。その癖して、いつも親に車の送迎を頼んでいた。つくづく人間のクズ野郎である。

 

 

自虐はともかく、それでいて2点目。なぜ僕は今このタイミングで免許を取得しようと思ったのか。

 

 

…いや、免許を取ろうと思ったのではない。

僕は、親や周りに流されるがままに嫌々教習所に通い始めたのだ。

しかし、嫌々通い始めるという表現を使ったのには理由がある。

僕は、大学卒業後は理系の院に進学しようと思っている。そして、今通っているのは私大(学習院大学)であるが、私大の院の学費は高い。到底払えない。

なので、僕は国立の院に進学する必要がある。

 

 

そこで、国立の院に進学するにあたって、院試を受けるわけだが、大抵それにはTOEICや、TOEFLといった英語の試験も課せられるのだ。

それでいて、僕の今の英語力はというと、大きな声で言えないが、…良くない。

受験時、センター英語でこそ200点中190点を取ったわけだが、大学入学時に受けさせられたTOEICの点数はというと・・・

 

 

いや、言えない。

しかし、少なくとも600点は下回っているとだけ言っておく。(もし僕が今後高い点数を取れたのならばその時に初回の点数を公開するつもり。)

 

 

まあ、要するに僕は英語を勉強する必要があるわけだ。

なので、8,9月の夏休みという長期休暇に、集中的に英語を勉強したいと思ったから、「車の免許なんかに時間割いてらんねえ!」とか思っていたわけだ。

 

 

しかし、教習所に通っていくうちに、そういった嫌悪感は徐々に抜けていった。

 

…続きは気が向いたら別の記事として書く。