pikaの雑記

とある学習院大生のブログ

この理不尽な世の中で

高校を中退し引きこもりと化した僕を、親こそは看取ってくれた。
だが、当時から僕はネットに入り浸っていたため、自ずと自分のような「中卒(高校中退)」や「ニート」の非難や、実話かフィクションかは分からないが「中卒ニートの末路」といった情報ばかりが僕の目に入ってきた。
─そうか、僕は今社会の底辺に位置するのか
と悟った。



僕はなろうとして中卒(高校中退)ニートになったわけではない。高校中退してすぐの頃は早稲田に行きたいという節を予備校の人間に相談を持ち掛けたこともあった。
決して自ら堕落しようとはしなかったし、自分は大学くらい当たり前に行くような人生を想定していたと思う。



しかし、世の中の人間たちにそれらを斟酌する余裕は無い。恐らく、自分のことで精一杯なのだろうか。
とにかく、あいつらは「自分より下の人間」を馬鹿にしたがる。幼い頃に教え込まれたであろう勧善懲悪的倫理観なんかあったもんじゃない。

 


大学生になった今でも思うところがある。

高校生の頃はいい子にしていたであろう大学生も、酒を得て、家に帰らず遊び呆けたりしてしまう。
大学の授業も、真面目に出席する人は少数で、一部の授業においては、レポートも他人の情報頼りにコピペコピペで済ませ、テスト前だけ真面目な人を頼りに頼って単位はS(秀)を取得。めでたしめでたし。



所詮義務教育なんてガキを一時的に押さえつける為の手段にしか過ぎなかったのか。
真面目であることを誇りに思うことがバカらしく思えてくる。この世の中に正義なんてあったもんじゃない。



勿論僕だってそのような不正を必ずしもしないわけではない。授業にだって出ないこともある。
しかし、大学に通ううちに学んだ。というよりは、学ばざるを得なかった。
目的意識もなく、ただ真面目に振る舞うことは、かえって自らを苦しめるだけだと。

それは、ある意味義務教育からの卒業だった。
人間ってのは究極的には自分のために生きている。何かの信条だとか不要な道徳にとらわれる人生など、他人に言われるがままの人生と同じで、所謂他者の下僕に過ぎないと。

 


僕が素直ではない性格だからか、大学の一部の上の人間から「お前は就職できない」だとか、「人の話を聞け」とか言われ放題。
しかも、そういう奴らに限って大学から修士課程、博士課程まで同じ大学でエスカレーターし、そのまま苦労をせずに助教になっな人間だったり、高卒で就職口が無かったが、たまたま知人の紹介か何かで成り行きで工場に就職した人間だったり、自らの意思を持って自らの人生を切り開いてきたような奴らじゃない。



とにかく、世の中は理不尽に満ち溢れている。
最近だと、長時間労働だとかパワハラだとか、昔は精神論で何とかなったようなことはメディアに取り上げられ撲滅されつつあるのだろうか。それが個人単位まで完全に矯正されることは決してないだろうが。

 


まあ、いくら文句を言ったところでしょうがない。そんな世の中なのだから。
こんな世の中でマトモに生きていくんなら、上の人間に媚びたり、決して失敗をしないような努力をすることが大事なのだろか。
いや、ある意味それは抽象的すぎる。
恐らくこれから生きていくにあたって、起こりうるシチュエーションなど無数にあるだろうし、それに一々対処するのも枚挙に暇がないように思えてしまう。
いや、そんなことを考えること自体が不毛なのであろうか。
予測できる未来に対処することなく、運命に盲従するのがいいのだろうか。

 


僕なんかがいくら考えたところで明確な解答は得られないだろう。
ペーパーテストってのは、基本的に答えがあって、それと照らし合わせることで自分が正しかったのかどうか確認をすることができる。だが、世の中でうまく生きていくにあたって、何が正しいのかといった指標は無いに等しいか或いは無数に存在する。

 


それでも僕は思うがままに自分の人生を生きたいと思う。
上位国立の大学院にでもいけば、自分より上となる人間の絶対数こそはすくなくなるだろうか。学部時代の今のうちに、あらゆる知識や資格などを身に着ければ、将来有利に働くだろうか。
とにかく自分なりにやってみて、その上で失敗したのなら、上の人間に従う人生を歩むのも悪くはないと思う。
少なくとも、今僕を馬鹿にするような奴らの言うことなど聞き流しておいて、将来的に僕は間違えていなかったと言えるような人間になることを目指したいと思う。

 

何の取り留めもない話

主に大学の勉強が忙しかったことから、中々ブログを更新できずにいた。

決して三日坊主でブログに対する意欲が尽きたわけではない。書けることはごまんとあったと思う。

理系の学科で真面目に単位を取ろうとするんなら、多少自分の時間というものが犠牲になってもしかたのないことだろう。実際、僕の周りで単位を落としている人の殆どは、遊びや趣味を優先してしまっている。まあそんなものだ。

 

 

僕は成り行きで物理学科に来てしまった。それも、4年間に留年する割合が3,4割という過酷な環境に身を置いてしまった。そのことに関しては、大学受験時の自分は何も考えていなかったと思う。しかし、自分の大学とその学部をネットで検索かけてみると、「必死に勉強して留年したという話は聞かない」という書き込みを見かけたこともあり、要するに留年なんてするのは不真面目な輩なんだという認識で間違いはないと思う。

 

 

続きを読む

半年間ビットコインをやってみて

遡ること半年、2018年の3月初め頃、僕は友達の影響で仮想通貨をやってみようと思った。

別に大金を稼ごうとか考えていたわけではなく、前々から話には聞いていた”仮想通貨”や”ビットコイン”といった話題に敏感だった僕は、単に「やってみたい」という好奇心から始めたのだ。

 

 

僕は学生というご身分であり、その上、大金を扱うことに抵抗があったし、そもそも手元に数十万とかぶちこめるだけの金は無かったので、取り敢えずという気持ちで1万円を仮想通貨取引所にぶっこんだ。

 

 

僕はbitflyerという取引所を利用した。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ここの取引所を選んだ理由は、友達から”ここが一番おすすめだ”と言われたからであって、特に深い理由があったわけではない。

 

最初は長期保有も考えていたが、「空売り」という方法を知ってからは、とにかく相場が変動し次第エントリーしていた。

 

 

ビットコインは2017年いっぱいまで、上昇トレンドの一途を辿っていたが、2018年の1月頃から急落。

f:id:pika0428:20180914174421j:plain

僕がビットコインを買い始めたのは2018年の3月であったので、かなり乗り遅れたスタートだった。

 

 

無知のまま取引に挑むのも無謀かと思い、チャート分析の参考書を1,2冊買った。

一見難しそうだったが、数学や物理の本なんかよりよっぽど読みやすい。

2週間も経たないうちにそれらの本を読破した。

 

 

僕はこの記事でそれらの本などから得たテクニカル分析や、bitflyerの使い方について解説するつもりは無い。

そして、先に断っておくと、僕は一般的な投資家の人が出すような数十万単位の利益なんて求めてないし、1万円が100万だとか1億になるなんていう「わらしべ長者」的なストーリーなんかあったもんじゃない。

 

 

さて、僕のこれまでの半年間の取引レポートを晒してみる。

f:id:pika0428:20180914175205j:plain

 

…まあ1万程度の元手じゃあこんなものだ。

1万円が1万5千円になったと考えれば、1.5倍なので、10万入れていれば5万くらいなら稼げた…かもしれないが。

 

具体的には、 

①大陽線が出現したので0.05BTCを買った。

→うまいこと上昇トレンドに乗ることができ、評価損益+6000円ほどに達するビットコインで始めて利益を出し、意気揚々とする。

②欲深い僕は、評価損益+10000円に到達するまで利食いをせずに粘ってしまう

やがて、大陰線が出現。下落トレンドの始まりである。

それまでの利益は全てパーになり、ヤケクソになった僕は超短期トレードに夢中になる。

評価損益は-6000円にまで落ち込む。強制ロスカットを食らう。

③時が経ち、落ち着きを取り戻した僕はトレンド転換を予知し、うまくそれに乗り、今回はしっかり利食い。評価損益は+3000円まで回復した。

といった流れである。(専門用語を並べたので、その手ではない人に申し訳ないが)

 

 

まあ、そういうわけで実際にビットコインにちょっぴ手を出してみたわけだが、ちゃんとしたお金と必要となる知識があれば、一発逆転と言わないまでも十分稼げるコンテンツだったとは思う。

 

ただ、最近のチャートを見るに、ボラティリティが低くなってきているので、これから新規に手を出すだけの価値があるコンテンツとは思えないかな。

 

f:id:pika0428:20180915012537j:plain

 

 勿論、揉み合い相場が長く続けば、その後はちょっとした相場の変動がトレンド生成への引き金になりかねないとは思うけど。

TOEIC公開テスト受けてきました

大学は今長期休暇の最中だが、僕は流体力学などの授業が入っているので、実質僕の大学2年次の夏休みは終わったようなものだ。

そんな中、今日(9月9日)行われた第233回のTOEIC公開テストを受験してきた。

 

 

僕がTOEICを初めて受験したのは、大学入学時のことだった。団体で受験するIPテストってやつだ。

センター試験の英語(筆記)で190点を取れたことから、「まあ600点はいくっしょ」と楽観視し、前日にちょっと英文を読む程度の勉強しかせずに試験に臨んでしまった。

 

 

 

──甘かった。

数日後に結果が返ってきたわけだが、その結果は600点を超えていないどころか、500点すらを下回っていた。

 

 

テスト結果の詳細を見てみると、リスニングパートよりもリーディングパートの方が点数が高く、その差は40~50点ほど離れていた覚えがある。(丸めて捨ててしまったため、自分の記憶しか頼りにならないが)

そういえば、センター試験の英語(筆記)こそは高い点数であったが、リスニングについては50点中32点だったので、まあリスニングが苦手なのも合点がいくとは思った。

 

 

それから、時が経つにつれ、僕は院ロンダ(現在の大学よりもレベルの高い院に行くこと)を強く意識するようになるわけだが、そのための院試で、どうしても英語(特にTOEIC)が必要となってくるので、夏休みや冬休みを使って地道に勉強してこそはいた。

しかし、結局、大学一年次にTOEICを受けるには至らなかった。

「まだ早いかな」とか生ぬるい考えをしていた。僕は当時をそう振り返る。

 

 

そんでもって、いよいよついに大学2年次の今、2度目のTOEICを受験したわけだ。

 

 

会場は地元の国立大、過去にセンター試験や二次試験でもお世話になった大学だ。(要するに僕が落ちた大学だ)

11時45分(だったかな?)から受付が始まるので、それくらいの時間には会場前の列に並んでいた。

 

大学生が多かった。意外にもオジサンオバサンの類は殆どいなかった。

外人らしき人以外に髪を染めてる輩は、僕以外にいなかった。

みんな真面目だな。なんてね。

 

 

さて、いよいよ受付がはじまり、受験票と身分証明書(免許証など)を受付の人に見せ、入室。

入室次第、マークシートのA面の必要事項をすべてマークしておく。その他書類にも軽く目を通す。

 

12時30分には受付が終了し、水分補給も禁止され、室内のCDラジカセの音量確認などが始まる。

 

しかしここで問題発生。

受付で受験票を提示した際、確認のための印を蛍光マーカーで付けられたわけだが、その蛍光マーカーが乾いておらず、せっかく記入した自分のマークシートに蛍光がベッタリ付着してしまったのだ。

僕はすぐに試験監督にそのことを訴え、マークシートを変えてもらった。

先ほど記入したA面はもう一度書き直しである。

その間にも音声確認などの進行はどんどん進んでいく。せめて、油性ペンなどで印を付けて貰えなかったものか。そんなことを思った。

 

 

さて、時刻は13時00分になり、いよいよ2時間にわたる試験が始まるわけだが、ここでも問題発生。

問題用紙の右側に貼り付けられた青いシールが中々剥がせない。

…大学で受けた初回TOEICのテストの時と同じだ。自分は何も進歩していない。

 

しょうがなかったので無理やり問題用紙ごと破った。

 

 

それで、受けた感想としては、「集中力が持たなかった」の一点に尽きる。

勿論、リスニングは分からない問題が多かったし、リーディングでは知らない単語も多く出てきた。

だが、それ以上に問題が先に進むにつれて集中力の低下からか、文章を読みにくくなっていったのだ。

 

先にシングルパッセージやダブルパッセージの問題から解いていくとか、対処法は考え得るだろうが、やはり自分の頭が英語に慣れていないというのが大きかったのだろうか

 

結果は1カ月以内に返ってくるらしい。せめて600点は超えていたいが…。